2014-04-01

2014世界女子野球選手権組合せ4月7日発表
組織委員会が4月7日に実施要項などを発表へ


2014年4月1日(火)IBAFサイトより ©IBAF

国際野球連盟によれば4月7日に2014年世界女子野球選手権の組み合わせなどが発表される。ランキング1位の日本、2位アメリカ、同率3位オーストラリア、カナダ、5位ベネズエラ、6位チャイニーズタイペイ、9位オランダ、13位香港が第一ラウンドで2グループへの組み分けが発表される。
2度目の日本開催となる第6回世界女子野球選手権は、9月1~7日に宮崎のサンマリーン、アイビーの2球場を使用して8ヶ国の女子野球代表チームが技を競う。
4ヶ国ずつのグループ分けと共に、世界女子野球選手権の組み合わせ内容が正式に公表される。
2012年カナダのエドモントンに於ける世界女子野球選手権の第一ラウンドは総当たり制で試合が行われ日本、カナダ、アメリカ、オーストラリアが準決勝に進んだ。
4月7日の記者発表では全日本野球協会の組織委員会が2014年世界女子野球選手権に関する特別発表を行う。
日本は女子野球の世界ランキング1位であり、世界野球選手権で3連続優勝を果たしている。
アメリカは2012年は2位であったが、2004年の第一回、2006年の第二回は金メダルを獲得した。
前回銅メダルのカナダは2010年大会を除き、銀メダルを1回、銅メダルを3回獲得している。

英文サイトは、2014 IBAF Women's Baseball World Cup、フェースブック、Baseball World Cup on Facebook、トゥイッター @IBAF_Baseball 及び @IBAFWorldCup をどうぞ。






国際ニュース